最高をくれた風俗店

難しいようでシンプルなんですよ

女の子とどういったコミュニケーションを取るのかこそ、風俗での満足度が決まってくると言っても決して過言ではないことだと思うんですけど、じゃあコミュニケーションって何?って話ですよね。相手と会話やスキンシップなどを通して、自分のことを分かってもらう…じゃないんです。それは実生活に於けるコミュニケーションであって、風俗でのコミュニケーションはまた少し役割が違いますよね。まず、風俗でのコミュニケーションは自分のことを分かってもらう以上に、相手が抱いているであろう警戒心を解くためのものなんです。いくら相手は仕事であったとしてもまったく警戒心がない訳はないんです。しかもこれは肝心な部分ですけど、こっちは女の子のことはホームページを見てどんな子なのかを把握した上で指名出来ますけど、女の子はこちらがどんな人間なのかさえ分からないんです。だからまずは自分が「不安になるような男じゃない」と分かってもらうことが大切なんです。

男の夢そのものだなって思った

前回お世話になったKという風俗店にいるAちゃんは、男の夢そのものなのかもしれません。彼女はルックスが飛び抜けて素晴らしいって程ではないんですけど、とにかく笑顔。そして距離感も近いので、喋る時には顔がかなり密着した状態なんですよ。それはプレイ云々ではなく、普通の時もです。シャワーの前の時点でも彼女と喋る時には彼女が自分の視界の中でドアップになっているんですよ(笑)笑顔も多かったですしね。それ以上にポイントだったのは、彼女は体がとっても柔らかかったんです。だからいろいろな体位で楽しめました。それこそこれまでの風俗では見たことがないような絡み方まで楽しませてもらいましたけど、嫌々という雰囲気が一切ないんですよね。彼女自身も楽しもうとしてくれているのが分かるので、当然こっちだって楽しい気持ちになるじゃないですか。そんなポジティブな気持ちにさせてくれるような女の子との一戦は、男の夢そのものだったかなって。